株式会社プラクティス

【賃貸・売買】029-830-7868

結露の発生

冬本番となりました。
今の季節発生するのが「結露」。

外気温が低く室内の温度が高いとき、
湿気を多く含んだ空気が窓や壁にふれた際に、
空気中の水分が冷やされて液体になるのが結露です。

結露を防ぐ方法はあるのでしょうか?
2重サッシや外壁の断熱工事などを実施すれば
かなり効果があります。
しかし、費用がかなりかかります。

費用をかけずにできる方法は?
室内で水蒸気を発生させない!!
お金もかからず、何よりも結露の発生を防止するのに
一番効果的な方法です。

でもでも、よく考えてみてください!
水蒸気を発生させないで生活することが可能でしょうか?

残念ながら不可能です。
お湯を沸かしたとき、お風呂の出入りをするとき。
さらには、人間が呼吸したとき…
普通に生活していれば必ず水蒸気は発生してしまうのです。

だから、少しでも水蒸気を減らす努力をしましょう。
お湯を沸かすときには換気扇を回す。
お風呂に湯が張ってあるときには、浴室のドアは必ず閉める。
お風呂上り、脱衣所のドアは必ず閉める。
ちょっとしたことで水蒸気を減らすことができるのです。

灯油を使う器具を使用している場合にはさらに要注意。
灯油は燃焼すると水蒸気を発生させるのです。
もちろんファンヒーターでも同じです。

水蒸気が多くなってきたら、換気して外の空気と入れ替えましょう。
寒いからと言って、窓を閉めっぱなしでは水蒸気がたまる一方です。
ただし、天気が悪いときなどは、外気のほうが多くの水蒸気を含んでいる
こともあるので、要注意です。

エアコンや除湿器はもちろん効果大!!

結露を放置するとカビが発生し、健康にも建物にも
悪影響です。
結露が発生したらまめに拭き取りましょう!

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓