株式会社プラクティス

01-02new-TEL

換気扇は台所以外にも

年末の大掃除。
この日ばかりは、普段なかなか掃除をしない箇所も念入りに掃除をする人も多いのではないでしょうか。

ところで皆さん、「換気扇」は掃除していますか?
「もちろん!一番肝心な場所だから。」
「怠け者の私でも年に一回は掃除するよ!油が垂れてきて大変だもの。」
確かに、台所の換気扇は大掃除の時に限らず、普段からまめに掃除をしている人も多いと思います。

しかし!換気扇は台所だけではないのを忘れていませんか?
よく見てください!
浴室にもトイレにもお部屋にも・・・
いろいろなところに換気扇はついていますよ。
これらの換気扇は掃除していますか?
「だって、油汚れが付くわけではないから汚れないでしょ。」
「空気を吸って外に出すだけだから…」
その通り!換気扇は室内の空気を吸っているのですよ!

空気中にはホコリが浮遊していますから、お部屋のホコリも一緒に吸っています。
空気中には湿気があるので、吸い込まれたホコリは湿っています。
特に浴室は水蒸気が充満していますから、濡れたホコリを常に吸っています。
さらに、台所ほどではないですが、油分も多少含んでいます。
この湿ったホコリはとても付着しやすくなっています。
しかも厄介なことに次から次へと付着していきます。
そのまま放っておくと固くなり、簡単には取ることができなくなります。
ホコリが付いた換気扇は、当然性能が落ちます。電気代がかかるだけで全然機能していません。
そして、換気扇を回すたびにこの付着したホコリが落ちてくるのです。
さらに怖いのは、ホコリについたカビの胞子まで落ちてくるのです。
これでは、換気しているのか汚しているのかさっぱりわかりません。
もちろん健康にもよくありません。

ほとんどの換気扇は、カバーが外れます。
カバーを外したら、目に見え手の届く範囲の汚れは落としましょう。
何年も掃除していないと、驚くほど汚れています。
今年から台所以外の換気扇も掃除しましょう!

ただし、掃除の際に水をかけたりするのは厳禁。
ショートする恐れもあるので絶対にやらないでください。

同ジャンル・関連ページ

インターホンの交換

結露の発生