株式会社プラクティス

【賃貸・売買】029-830-7868

牛久の魅力

 茨城県は、地域ブランド研究所が行っている魅力度ランキング2014年でぶっちぎりのワースト1位、2年連続最下位となってしまいましたが、その中で牛久市は輝いています。
 東京から50キロ圏にある人口81,684人の都市ですが30歳代~40歳代の子育て世代を中心に人口が継続的に増加しています。
 東洋経済が毎年出している「都市データパック」の住みよさランキングで、2014年は全国813市中総合125位に入りました。
 牛久を自慢するために、ここでJR直通で行ける首都50キロ圏の市の住みよさランキングと住宅地の坪単価をご紹介します。
   神奈川県 茅ヶ崎市 556位 670,383円/坪 JR東海道線
        相模原市 603位 529,512円/坪 JR中央本線
   埼玉県  鴻巣市  461位 230,454円/坪 JR高崎線
        久喜市  189位 214,085円/坪 JR東北本線
   千葉県  佐倉市  135位 231,322円/坪 JR成田線(総武本線)
 首都圏の他市と牛久市を比較してみると良く分かります。
 住みやすさランキングでは125位と他の市より上位にいるのに、なんと住宅地の平均坪単価は168,022円。神奈川の3分の1、千葉埼玉の3分の2の単価で購入できます。
 JR常磐線牛久駅は特急も止まり上野駅から特急36分、快速43分、普通55分前後と1時間以内で都内に出れます。
 しかも、今年3月から一部の列車は東京駅、品川駅に乗り入れし乗車時間も短縮されます。
 レジャーにも最適、常磐自動車道を使えば2時間以内に海でも山でも温泉でも行くことができます。
 今までは神奈川方面のアクセスが不便でしたが、圏央道が完成すればアクセスの良さは無敵になります。
 飛行機を利用するなら成田国際空港と茨城空港まで車で約1時間で行けます。
 私は東京出身で茨城県南部に来て28年、人生の半分をここで生活しています。牛久に住んで15年、雨雪の被害はなく天候は安定、東日本大震災での被害も大きくないと思っています。
 自然に恵まれ、坂が少ない平坦な地形、物価の安さ、スーパーや銀行などの利便施設も充実しています。
 牛久市が大変気に入っている私が、この地方都市の魅力を紹介させてもらいます。

 
 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓